HOME > 生産国からの便り > Vol.3〜特産品のジュート〜

生産国からの便り

 
 
コスミックインフォリンクの商品は、バングラデシュの工場で生産されています。

コスミックインフォリンクの商品は、バングラデシュの工場で生産されています。

バングラデシュはインドの東側に位置し、ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有するイスラム教徒主体の国。ガンジスの恵みともいえる肥沃な大地が広がることから、国民の半数以上が米やジュートの生産などに携わっています。また、ジュートなどを使った繊維工業も盛んで、バングラデシュの輸出の80%を占める主力産業となっています。

 

 

【バングラデシュについて】

 

国名:バングラデシュ人民共和国(People's Republic of Bangladesh)

面積:14万7,570k㎡(北海道の約1.9倍)

人口:1億6,443万人(国連統計)

言語:ベンガル語(国語)

宗教:イスラム教徒(89.7%)/ヒンズー教徒(9.2%)/仏教徒(0.7%)

 
 
Vol.3〜バングラデシュの特産品であるジュートについて
 
ジュートとは、日本語で黄麻(こうま)のことで、麻の一種です。
吸湿性、放湿性に優れた自然素材であり、燃やしても有害な物質を出さず、土に埋めても自然分解する地球に優しい素材なのです。
近年、そういったジュートの特徴から、注目を浴びる素材となっています。

そして、ジュートは繊維原料としてだけではなく、若葉は食用としも用いられており、その若葉が皆さん聞いた事のある

営養価の高い緑黄色野菜の「モロヘイヤ」なのです!
繊維でも食用でも注目を浴びているのが、「ジュート」なのです。
その注目を浴びているジュートは、私たちコスミックインフォリンクの生産国でもあるバングラデシュの特産品であり
世界において1位・2位を争うジュートの生産大国がバングラデシュなのです。
ジュートは熱帯・亜熱帯で栽培され、豊富な太陽エネルギーを効果的に蓄積し、100日以内で収穫されます。

このようなジュートの成長スピードやエネルギッシュに育つ様子は、経済成長著しいバングラデシュを象徴していると言えます。

 

 jute_01.jpg ジュート(若葉) ジュート

 

 

 

 

 

 

職人さん

コスミックインフォリンクで使用しているジュートは、バングラデシュの職人さんが丁寧に織ったもので、C.I.L.オリジナルの柄を使用したショートブーツや、夏に向けてはサンダルにもジュートを使用した商品をご用意しています!

 

 

111C402 111C404

 
 
〜ジュートにまつわるこぼれ話〜
 みなさんは、ジュートで作られた、“ジュートドール”なるものをご存じでしょうか?

ジュートドールとは読んで字のごとく、ジュートを編んで作ったお人形で、動物をモチーフにしたお人形です。

手づくりで作られたその表情はとてもユニークで心癒される存在です。
そのジュートドールを初めて日本に紹介したのが、何と私たちコスミックインフォリンクなんです!
展示会や吉祥寺店ではディスプレイとして常に登場する名脇役となっています!!
 
ジュートドール   ジュートドール   ジュートドール  
 
     
 
 
 
過去の記事