HOME > 生産国からの便り > Vol.1〜BDでの生産〜

生産国からの便り

 
 
コスミックインフォリンクの商品は、バングラデシュの工場で生産されています。 コスミックインフォリンクの商品は、バングラデシュの工場で生産されています。

バングラデシュはインドの東側に位置し、ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有するイスラム教徒主体の国。ガンジスの恵みともいえる肥沃な大地が広がることから、国民の半数以上が米やジュートの生産などに携わっています。また、ジュートなどを使った繊維工業も盛んで、バングラデシュの輸出の80%を占める主力産業となっています。
 
 
Vol.1〜バングラデシュで生産している理由と手作り職人について
 
弊社社長の母国であるバングラデシュは、ノクシカタという伝統的な刺繍やジュートを編み込んだ製品など、昔ながらの手仕事が息づく国です。

社長が来日した当時、日本にはインドやメキシコ、タイ、中国などさまざまな国のハンドクラフトの製品があるにも関わらず、バングラデシュの製品はなく、母国のものづくりを日本で紹介できないかと考えていました。

そこで、ノクシカタやジュートを使った製品を作りました。ベンガルタイガーやゾウ、ペンギンやカエルといったカラフルな手のひらサイズのぬいぐるみたち。クラフト感あふれるチャーミングな動物たちは、たちまち人気が出て、いろいろなお店で扱われるようになりました。
 
 
また、バングラデシュやインドで伝統的に履かれている、レザーのユニークなサンダル。これを日本の女の子たちにも履いてもらいたい、と考えてつくり始めたのが、今の靴工場の始まりです。

メッシュやハンドパンチング、ステッチワークや型押しといった、バングラデシュのサンダル作りの伝統的なテクニックを活かし、現代の女の子たちのファッションに合わせられるようにモダンにアレンジ。

サンダルから始まったアイテムが、今はシューズやパンプス、ブーツ、バッグといった多彩なアイテムに広がりました。
 
 
工場の職人たちも、そのような伝統的なテクニックを身に付けたベテランの職人がそろい、日々その技術をさらに高めるために努力を重ねています。日本からも社長や企画が定期的に工場を訪れ、職人たちと一緒になってデザインやものづくりに取り組んでいます。

クラフト感あふれる靴やバッグが、緑と水に囲まれた光あふれる工場から、はるばる海をこえて日本にやってきています。
 
 
     
 
     
 
 
 
過去の記事